クロも歩けば棒にあたる

老犬クロの介護日記、そして、天国へ旅立ったクロへ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怖れていたことが起こりました。

クロはしばらく癲癇の症状がなく、穏やかだったのですが、
昨日は朝から顔がヒクヒクしていて、私達が外出から帰っても
いつものように喜んで迎えることもなく、寝てばかりでした。

夜、11時頃、玄関でバタバタッ!と音がして、
様子を見に行くと、クロが癲癇の症状で足をバタバタさせていました。

舌をダランと垂らして、口もガクガクしていたので、
舌を噛んでしまうのではないかと不安でした。

5分ほどして、治まりましたが、息が荒く、落ち着かない様子。

そして立ち上がろうとしたのですが、うまく立ち上がれず、
私達がタオルやハーネスで持ち上げて歩かせました。

水を飲まそうにも、水入れの前で立っていることが出来ず、
やはり舌をちょっと噛んだのか、口から血を出していました。

家の中より、庭の土の上の方が歩きやすいと思い、
庭に出して、1時間くらいクロが徘徊するのを見守っていました。

12時半頃、歩きつかれたのか、やっと家に入って横になり、
たくさん水を飲んで、なんとか落ち着いて寝てくれました。

kuro66.jpg

毎日、のんびり過ごすクロに癒されていますが、
こういうことも、覚悟しておかなくてはなりません。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kuro8ponta.blog.fc2.com/tb.php/98-448f24c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。