クロも歩けば棒にあたる

老犬クロの介護日記、そして、天国へ旅立ったクロへ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょうど14年前の今日、我家にクロがやってきました。

kurobaby.jpg

もらった人に聞いたところ、クロは山で捨てられたのか、山でウロウロしていて、
通りかかった人について、山から下りてきたそうです。

そしてペットショップの人に預けられ、
仮名:ヤマさん (山から下りてきたので…)と呼ばれ、
お世話になっていたそうです。
そのご家族の方がもらい主を探していて、
ちょうど犬を飼おうかと思っていた私のところにお話が来ました。

大きい子だと世話が大変なので、聞いてみると、
「大きくなっても柴犬くらい、熊みたいで可愛いです。」という情報を得たので、
とりあえず会うことになり、電車に乗ってやってきた”ヤマさん”…。

第一印象は、「足、太…。」

確かに熊みたいではあるけど、
ぬぼーっと出てきて、上目遣いでこちらを見る”ヤマさん”は、
私が思い描いていた子犬のイメージではなかったのです。

電車に揺られて連れて帰り、出してやると、
ふらふら出てきた”ヤマさん”のお尻から白いモノが…。

「………!!」

ヤマさんをくれた人に電話をしたら、「虫下し」の薬を飲ませていたそうで、
その「虫」がにょろにょろ出てきたようです。

アドバイス通り、水を飲ませて、
疲れた”ヤマさん”は、そのままコロンと倒れて寝てしまいました。

寝ている”ヤマさん”を眺めながら、私達家族は、
「この足…、こりゃ、大きくなるぞ…。」と、話しておりました。

私はその日、TDLに行く約束があり、”ヤマさん”のことが
気になりつつも、夜行バスに乗るために、家を出ました。





コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kuro8ponta.blog.fc2.com/tb.php/51-aabe0098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。