クロも歩けば棒にあたる

老犬クロの介護日記、そして、天国へ旅立ったクロへ。

ご心配をおかけしましたが、おかげさまで、福ちゃんは元気です。
手術の日のお話になるので、苦手な方はスルーしてください。

福ちゃんが危険な状態にあることを知った日は、実感が湧かなくて、
家に帰ってからも、『手術は週末になるのかなぁ…。』と話していました。
当の福ちゃんは、病院から帰ってもおやつをおねだりして、
1~2週間で何かあるとは思えなかったんです。
(最初は数週間と言われていましたし…。)

それが翌朝、先生から 『 輸血の準備ができたので、今夜手術しましょう。 』
と電話を貰ったときは(私は母からのメールで知りましたが)、
『 えっ…?! 』 と驚いてしまい、まず ”どうしよう…。” と思いました。
福ちゃんの為には、絶対に受けるべき手術ですが、
”今夜、手術中にもし何かあって、二度と会えなくなってしまったら…”
クロが亡くなってしまった時のことを思い出して、怖くてたまりませんでした。
家で、家族の見守る中で、クロを見送ってあげられなかった後悔があります。

gyu_1.gif

どうしよう、どうしよう、どうしよう…。
駅から走って家に帰ると、朝元気だった福ちゃんはぐったりしていて、
立つのもやっとでした。手術前なので、いつもよく飲むお水も飲めず、
ふらふらと台所に行っては悲しそうな顔で家族を見ました。

福ちゃんを抱っこし、福ちゃんのぬくもりを感じながら、
『 頑張ろうね、絶対帰ってきてね。 』 と言い続けました。
帰ってきたら、お水も、美味しいものもいっぱいあげるからねと。
いつもなら、長い抱っこを嫌がり、じっとしていない福ちゃんも、
よほど具合が悪かったのでしょう、うつろな目で、おとなしくしていました。

gyu_2.gif

少し早目に家を出て、病院の駐車場で、オシッコをさせる為に少し歩かせて、
駆けつけてくれたマイロちゃんご家族と挨拶して病院に入りました。
20時半頃に点滴が始まる迄、待合室ではずっと私に抱っこされたままでした。
21時まで診察時間があるので、21時前に患者さんが途絶えた頃、
病院を閉めて、福ちゃんの手術が始まりました。

手術台の上で、麻酔が効いて、福ちゃんの身体がゆっくりと沈み、
福ちゃんの意識が遠のいていくのがわかりました。

gyu_3.gif

舌を出して酸素を取り入れる機械を口に入れられて、
事前に綺麗に毛を剃ったお腹を上にして、丁寧に消毒され、
手術が始まりました。私と母は、廊下からガラス越しに見ていました。

gyu_4.gif

私は福ちゃんの顔と、心電図等のモニターを交互に見て、
わからないのに、ピー、ピー…、という音に敏感に反応していました。
最初は肝臓の辺りが怪しいと言われていたので、
目を離せません。(肝臓には細かい血管が通っているらしいです。)

しばらくして先生に呼ばれて、診察室に入ったら、
小腸に大きな腫瘍ができていると言われました。
手術の様子は、普段は見るのが苦手ですが、
不思議と、普通に、まじまじと見てしまいました。
先生が、『 これが脾臓で、これが腎臓で…、 』 と説明をしながら、
お腹の中から出された、福ちゃんの小腸や臓器を見て、
今だから言えるのですが、複雑すぎて私も母も、
『 先生、ちゃんと元の位置に戻せるのかな…? 』 と思っていました。

小腸にできた腫瘍は、腫瘍ができている部分と、
そこから5cmくらいを切除しておかないといけないそうです。
そこからがまた、長い時間緊張感が続きました。

長くなりますので、今日はこれくらいにしておきます。


kuropochi1.gif
にほんブログ村  ランキングに参加しています。

pukupochi1.gif
にほんブログ村 ランキングに参加しています。
コメント

当日の気持、痛い程お察し致します。

術中に亡くなる場合も考慮して・・・
もうそれだけで堪らないです。

ご家族立ち合いの手術という事は
それだけ福ちゃんの状態が大変だったという事ですし
冷静に手術を見守られた皆さんには
本当に頭が下がる気持ちでいっぱいです。

多分、りんごが福ちゃんと同じ立場だったら
義母とパパさんは立ち会う事は出来なかっただろうな~

お近くに素晴らしい病院があって本当に良かったです。

福ちゃんとは面識のあるので
今回の記事は親戚のおばちゃん気分で
しっかり拝見させていただきました

もちろん、続きもです。
2017/02/25(土) 20:01:25 | URL | りんごママ #- [ 編集 ]

手術
立ち会いに成られたのですね。
手術が終わるまでの長い時間
どんな想い出立ち会いに成ったのかと
想うと胸が締め付けられる気持で一杯です。
そして…
ご家族様の事を想うと…
お気持ち察します。。。
2017/02/25(土) 20:47:55 | URL | kana #- [ 編集 ]

りんごママさんへ

ほんとに、ご心配ありがとうございました。
福ちゃんが今こうして、
以前と変わらずに私たちの傍に居てくれることが
とても嬉しく思います。
手術が始まって、小腸の腫瘍だと分かった時は
少しホッとしたんですよ。
肝臓だったら、もっと危険な手術だったので…。
母も私も冷静に福ちゃんのお腹の中を見ることができたのは
詳しいことはわからなくても、ちゃんと自分たちの目で
見ておかなければいけないと思ったから、そして、
福ちゃんが命がけで頑張っていたから、だと思います。
手術までの日が短かったのは、結果的によかったですが、
2~3日後だったら、不安で押しつぶされそうになったと思います。
それ以前に、福ちゃんの身体が持たなかったでしょうね。
先生にも感謝です。

コメント、ありがとうございます。
2017/02/26(日) 03:21:45 | URL | chiko*pippi #- [ 編集 ]

kanaさんへ

ご心配、ありがとうございます。
心の準備ができていなかったので、仕事中も不安で、
気になって仕方がありませんでした。
そして、手術に備えて15時から、食べ物もお水も、
あげられなくなることが気がかりでした。
水を大量に飲むのは、この病気とは関係ないらしいのですが、
この時は福ちゃん、ほんとにたくさん、水を飲んでいたんです。
お水を欲しがる姿を、手術の時間まで見ていられないと思いました。
でも、帰ったら ぐったりしていて、ふらふらしていて、
簡単にお水を飲みにも行けなくて、余計に心配しました。
立ち合いで怖い思いもありましたが、
家でただ、連絡を待っていた父も、
状況がわからなくて不安だっただろうと思います。
目を離すことができなくて、3時間、連絡できなかったので…。
今こうして福ちゃんが傍ですやすやと寝ていることが
不思議に思うくらい長い一日でした。

コメント、ありがとうございます。
2017/02/26(日) 03:32:15 | URL | chiko*pippi #- [ 編集 ]
ほんとうに長い一日
大変な思いをされたのですね。(ノД`)・゜・。
全身麻酔も犬の場合は怖いですものね。
もしハチもこのような状態になったら
冷静にいろいろ判断できるだろうか、、と
わたしも思いました。ただ、オロオロする
だけかもしれません。
でも、ほんと無事手術が終わってよかったです。
ふくちゃん、もう元気ですか?
下痢止まりましたか?
ふくちゃんもよくがんばりました。
2017/02/26(日) 06:27:35 | URL | ハチママ #- [ 編集 ]

ご家族の心配される気持ちが、イラストでもよくわかります。仰向けの福ちゃん…💦
手術が成功して何よりです。
2017/02/26(日) 16:17:10 | URL | トホホの久ちゃん #- [ 編集 ]

ハチママさんへ

全身麻酔、怖かったです。
最初、腫瘍の場所がはっきりしなかったのですが、先生が
『 エコー以外にCTを撮って確認する方法もあるけど、
CTとなると全身麻酔だし、なるべく負担をかけない方が…。 』
と言われて、危険なんだなぁと思いました。
福ちゃんは、CTを撮らなかったけど、幸い大丈夫だったので
全身麻酔の危険が減らせてよかったです。
下痢はおかげさまでおさまりまして、調子が良いです。
今日は朝のお散歩でモリモリ、ドライブに行った先でモリモリ、
形の良いのが出ました。
お行儀が悪いくらい食欲もモリモリ旺盛です。
で、今度はまた左後ろ足をひきずってます。
包帯のおかげか一時はスタスタ歩いてたんですけどね。
全部がすっきりと言うふうには なかなか なりませんね。

コメント、ありがとうございました。
2017/02/26(日) 22:57:26 | URL | chiko*pippi #- [ 編集 ]

トホホの久ちゃんさんへ

その節はありがとうございました。
手術前の2時間も長く感じました。、
今だから言えますが、手術台の上の福ちゃんは、
”福ちゃんの開き” 状態でした。
昔、人体の不思議展を見たことがありましたが
福ちゃんの体の中を見た時は、不思議な気分でした。
低悪性だったので、これからも検査をしながら、
様子を見て行かなくてはいけません。
不安はずっと残りますが、変化を見逃さないよう、
気を付けます。もうすっかり過保護ですよ。

コメント、ありがとうございました。
2017/02/26(日) 23:06:17 | URL | chiko*pippi #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kuro8ponta.blog.fc2.com/tb.php/493-a6d4c9df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック