クロも歩けば棒にあたる

老犬クロの介護日記、そして、天国へ旅立ったクロへ。

今日も、子供の頃、飼っていたぺぺのお話、
ぺぺが賢い犬だった、と思うお話です。

ぺぺは、私が小学校を卒業する頃、病気にかかりました。

前から少しずつ、悪くなっていたのかもしれませんが、
その頃、症状が表れだしました。

ぺぺは、亡くなる日、皆が居る居間で、
私と母の間で寝ていました。

どんどん具合が悪くなって、立ち上がるのもやっと、という状態の時、

pepe8.gif

ぺぺが、起き上がって、ふらふらと父のところに行きました。
そして、なでてもらうと、

  pepe10.gif

ふらふらと、長兄と次兄のところに行きました。
そしてまた、なでてもらうと、

  pepe9.gif

元の、私と母の間に戻りました。

それから少しして、静かに息を引き取りました。

  pepe11.gif

しんどいのに、まるで最後の挨拶にまわったかのようでした。

ぺぺには、自分にはもう時間がないとわかったのでしょうか。

クロの死に目にあえなかった分、
つい、ぺぺの最後の挨拶を、思い出してしまいます。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kuro8ponta.blog.fc2.com/tb.php/190-acfe63c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック