クロも歩けば棒にあたる

老犬クロの介護日記、そして、天国へ旅立ったクロへ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一昨年あたりから、クロは階段を上がるのも降りるのも
一苦労になっていきました。

階段の上り下りは、誰かの補助がなくては、
危なっかしくなりました。

クロの訴えに対して、応援するだけではなく、
迎えに行かなければなりませんでした。

kaidan3.gif

私たちも階段を踏み外さないように
クロを支えながら、ゆっくり上り下りしました。

そのうちにクロは階段を上がるのをためらうようになり、
それでも皆と一緒に寝たい、という気持ちもあったようで、

迎えに降りても、
「下の部屋で寝ようよ。」

kaidan5.gif

とでも言うように、下の部屋に私を誘導したりしました。

思えば昨年の今頃は、階段の下まで来る足音は聞こえても、
あきらめたのか、奥の部屋に戻り、
ほとんど上がってこなかったように思います。

あの頃から、クロの体調の変化が表れてきていたのでしょう。

もう一度、二階の部屋で、
クロと寝て、クロとともに目覚めたかったです。

年老いたクロにとっては、
階段が、果てしなく高い壁に見えたのでしょう…。

kaidan4.gif
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kuro8ponta.blog.fc2.com/tb.php/185-5ec91cf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。