クロも歩けば棒にあたる

老犬クロの介護日記、そして、天国へ旅立ったクロへ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、家に帰ることが出来ました。

まず、クロの顔を見に行きましたが、
残念ながら、久々の再会!という特別な反応はありませんでした。

kuro106.jpg

私が居ない間にクロは寝たきりになり、
トイレにも立てなくなりました。

頬はこけ、身体も骨がごつごつとあたるほど痩せてしまい、
床ずれ防止対策はしていますが、二箇所床ずれが出来てしまいました。

といっても、まだ身体は大きいので、
寝返りを打たせたり、身体を起こすのは一苦労です。

父と母はこの10日間、クロのおトイレの世話や、寝返りを打たせたり、
病院へ連れていったりと、ほんとに大変だったと思います。

私は今ちょっと、力仕事は禁止されているので、あまり役には立てませんが、
クロのそばにいてやることはできます。

気分転換になればと、庭にクロを出してもらい、庭で昼寝をさせました。

kuro105.jpg

打ち水をした後の芝と、土のにおいと、外の空気を吸って、
クロは静かに昼寝をしました。

昼は、ハァハァと、息も荒かったので、
こんな穏やかな寝顔を見ると、ホッとしますが、

このまま、ずっと眠ってしまうのではないかと、不安にもなります。


********************

夜、クロが大量のうんちをし、あらあら、と掃除をしながら、
このまま朝、お腹を空かせて食べてくれることを期待していましたが、
朝になっても、食欲は戻りませんでした。

病院の日だったので、連れて行き、
ひどい床ずれを治療してもらいました。

そして、流動食をいただいたので、帰ってから食べさせてみると、
注入器に噛み付くように食べました。

ホッとして、クロの介護用品を買いに出かけたら、今度は吐いてしまったそうです。

夜ご飯も、もどさないでねと、祈りながら少しずつ分けて与えましたが、
1、2時間後にまた吐いてしまいました。

このまま食べたものを吐いてしまったら…、
クロがいなくなってしまったら…と思うと、怖くてなりません。

つくづく、自分は弱い人間だと思いました。




コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://kuro8ponta.blog.fc2.com/tb.php/153-147d9f34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。