クロも歩けば棒にあたる

老犬クロの介護日記、そして、天国へ旅立ったクロへ。

福ちゃんの手術のお話では、ご心配を戴き、ありがとうございました。

手術の翌朝、福ちゃんの顔を見るまでは、
急変したらどうしよう…って、気が気ではありませんでした。

9時ごろ病院に行ったら、
福ちゃんが、いつものくるくるお目目で、
ケージの中で立っていました。
術後半日も経っていないのに、動物ってすごいですね。

tsunuru_1.gif

そして、ウロウロ、ウロウロ…、
出たがってケージにへばりついていました。

tsunuru_5.jpg

撫でであげると、さらにへばりついてきました。
一日、泊まったことは無いので、不安だったのでしょう。

tsunuru_6.jpg

でも、数日は入院しなくてはいけません。
しばらく撫でてあげた後、
『また夕方来るからね。』 と言って、帰りました。

その翌日は、私は仕事だったので、母が面会に行くと、
先生が 『お散歩、しますか?』 と、外に出させてくれました。
福ちゃんは、あんな大きな手術をしたとは思えないくらい、
てくてく…と早足で歩いたそうです。
帰りたかったのもあるんでしょうけど、すごい回復力です!

でも、結局病院に戻った時は、『あ~、またココか…。』 と、
ちょっとがっかりした感じだったようです。

母が次に面会に行った時、
『福ちゃぁ~ん!』 と声をかけたら、
福ちゃんは母に気づき、ぷいっ!と後ろを向きました。

tsunuru_2.gif

なかなか連れて帰ってくれないから、すねたんでしょうね。
呼んでも全然、近くに来てくれないから、
しばらく様子を見ていた母も、帰ろうとしました。

そして、『またね。』 と振り返ったら、
福ちゃんが、ケージの端にへばりついて、
『えっ、帰っちゃうの?』 と言う顔で見ていたそうです。

tsunuru_3.gif

で、また母が近づくと、ぷいっ!っと後ろを向いて、
帰ろうとすると、うるうるした目をして、ケージにへばりつく…、
この繰り返しだったそうです。

”ツンデレ” とはよく聞きますが、
手術後の福ちゃんは、”ツンうる” でした。

tsunuru_4.gif

入院も頑張ったね、福ちゃん。


kuropochi1.gif
にほんブログ村  ランキングに参加しています。

pukupochi1.gif
にほんブログ村 ランキングに参加しています。