クロも歩けば棒にあたる

老犬クロの介護日記、そして、天国へ旅立ったクロへ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も、子供の頃、飼っていたぺぺのお話、
ぺぺが賢い犬だった、と思うお話です。

ぺぺは、私が小学校を卒業する頃、病気にかかりました。

前から少しずつ、悪くなっていたのかもしれませんが、
その頃、症状が表れだしました。

ぺぺは、亡くなる日、皆が居る居間で、
私と母の間で寝ていました。

どんどん具合が悪くなって、立ち上がるのもやっと、という状態の時、

pepe8.gif

ぺぺが、起き上がって、ふらふらと父のところに行きました。
そして、なでてもらうと、

  pepe10.gif

ふらふらと、長兄と次兄のところに行きました。
そしてまた、なでてもらうと、

  pepe9.gif

元の、私と母の間に戻りました。

それから少しして、静かに息を引き取りました。

  pepe11.gif

しんどいのに、まるで最後の挨拶にまわったかのようでした。

ぺぺには、自分にはもう時間がないとわかったのでしょうか。

クロの死に目にあえなかった分、
つい、ぺぺの最後の挨拶を、思い出してしまいます。
スポンサーサイト
今日も、子供の頃、飼っていたぺぺのお話です。

ぺぺは、よく脱走しました。

pepe12.gif

気がつけば、居ないときがあり、
いつも、行く場所は決まっていました。

近所の牛乳屋さんです。

ぺぺは、そこで生まれた子です。

悪く言えば、「 脱走 」 ですが、
良く言えば、「 里帰り 」 です。

牛乳屋さんには、ぺぺのお母さんが居たし、
里帰りするたびに、おやつをもらっていました。

pepe7.gif

我が家で、虐げられていた訳ではありません。
(ちゃんと、餌もおやつもあげていましたので…。)

ぺぺが居ないとわかると、誰かが迎えに行っていました。

ぺぺのお母さんが、うちへ遊びに来ることもありましたが、
お母さんのほうは、少し遊ぶと、自分で家に帰りました。

ぺぺが元気で暮らしているか、心配してくれてたのかもしれません。

ぺぺは、近くにお母さんが居て、幸せだったと思います。
今日も、子供の頃、飼っていたぺぺのお話です。

ぺぺは、次兄と私が、そろり、そろり、と歩くと、
同じように、そろり、そろりとついてきました。

そして、急に走り出すと、追っかけてくる、という遊びをよくしていました。

ぺぺが、我慢できずに追いかけてくる、ぎりぎりまで、
いかに、ぬき足、さし足、しのび足、で、歩けるか、という、

たしか、そんな遊びでした。

だいたい、ダッシュして、押入れの上の段に上がって、
ぺぺが下で怒る、というのがお決まりでした。

そろり、そろり、と歩く姿が、とても可愛かったです。

pepe2.gif
今日も、子供の頃、飼っていたぺぺのお話です。

ぺぺとはいろんな遊びをしました。

その中に、ぺぺの前足を持って、ただ、ただ、
訳もわからない歌を歌いながら踊る、という…、

たぶんぺぺも、私も、意味もわからず、
していた遊びがあります。

pepe6.gif

どこかで聞いた歌なのか、よく覚えてないのですが、

今思えば、「 イッスラトンカチ 」 ではなく、
「 うすらとんかち 」 ではないかと思います。

ぺぺは訳もわからず、一緒に踊らされていました…。

pepe5.gif
クロが居なくなって、新しい犬でも飼えば、気は紛れるのでしょうが、
しばらくして、いつかまた別れがくるかと思うと、なかなか飼えません。

小学校の頃、6年ほど飼っていたぺぺ(マルチーズ)が亡くなった後、
やはり、しばらく犬を飼うことができませんでした。

ぺぺは、よその人や、私の友達が来ても、よく吠える犬でした。
でも、私たちには可愛らしい犬でした。

そして、後でわかったことですが、賢い犬でした。
(それはまた今度書きます。)


可愛くて可愛くて、小さい頃、おんぶ紐でぺぺをおんぶして、
散歩に出かけたことがありました。

pepe4.gif

私の背中で揺られながら、
ぺぺは、おとなしくしていましたが、

pepe3.gif

ぺぺの散歩になっていたのかどうか…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。